性病検査デメリットは3つあげられます。

性病の症状なら | 性病の教科書トップ>性病検査キットについて>性病検査キットのデメリットはあるの?

性病検査キットのデメリットはあるの?

性病検査キットにデメリットはあるのか?

皆さんも気になるところだと思います。

デメリットは3つあげられます。

陽性反応が出た場合二度手間の可能性

性病検査で陽性反応が出た場合、病状が悪化しないため、すぐに病院で治療を受ける必要があります。

その際、病院で再度性病の検査をされる場合もあり検査費用がその分かかります。

性病検査キットを販売しているところでは国の認可を受けた”登録衛生検査所”と提携している病院であれば、送られてきた検査結果を医師に見せれば、再検査することなく、すぐにそのまま性病検査結果の出た性病で治療をはじめることができます。

ですが、残念ながら全国各地の病院と提携しているわけではないので二度手間になる可能性があり、その分、検査費用がかかります。

自分の大事なところを見られるのに抵抗のない人や明らかに性病だと思う人はそのまま病院で検査・治療したほうが費用を抑えることができます。

検査失敗の可能性も

性病検査を使い検体を自己採取するので、検体を正しく採取できていないために、検査ができない可能性があります。

ですが、今の性病検査キットはとてもシンプルで簡単なものになっていて、付属の説明書や性病検査キットを販売しているホームページでは動画など、わかりやすく説明されていますので、失敗はほとんどないのが現状です。

保健所では無料・匿名で検査できる

保健所に行くと無料・匿名でHIV検査、 クラミジア、梅毒、C型肝炎ウイルス・B型肝炎ウイルスの検査を無料で行っていくれるので、費用を抑えることができる。

ただ、検査項目は地域によって違うので確認の必要があります。

ですが、病院と一緒でどうしても人の目が気になる人時間がない人は、まずは性病検査キットで診断してみることをおすすめします。

性病かな?と思ったら!

自宅でカンタン、匿名検査!

性病検査 STDチェッカー

性病の項目・症状

性病検査キットについて
性病検査キットのメリットはあるの?
性病検査キットのデメリットはあるの?
性病検査キット販売店比較ランキング
性病検査 STDチェッカー
郵送でできる検査
コンドームについて知ろう
コンドームで防げる性病と防げない性病があるの?
コンドームに注意点はあるの?
あなたにあった検査キットを探そう
男性の症状から検査キットを探す
女性の症状から検査キットを探す
したことから検査キットを探す
性病検査販売店をわかりやすく比較
GME医学検査研究所(検査キット販売店)
STD研究所(検査キット販売店)
kensa.biz(検査キット販売店)
ふじメディカル(検査キット販売店)
セルシーフィット(検査キット販売店)
性病の病名を調べよう
HIV・エイズとはどんな病気なの?
梅毒とはどんな病気なの?
クラミジアとはどんな病気なの?
性器ヘルペスとはどんな病気なの?
尖圭(せんけい)コンジローマとはどんな病気なの?
淋病(淋菌感染症)とはどんな病気なの?
性器カンジダとはどんな病気なの?
トリコモナスとはどんな病気なの?
A型肝炎とはどんな病気なの?
B型肝炎とはどんな病気なの?
C型肝炎とはどんな病気なの?
毛じらみ症とはどんな病気なの?
疥癬(かいせん)とはどんな病気なの?
細菌性膣炎とはどんな病気なの?
亀頭包皮炎とはどんな病気なの?
外陰炎とはどんな病気なの?
軟性下疳(なんせいげかん)とはどんな病気なの?
赤痢アメーバ症とはどんな病気なの?
サイトメガロウイルス感染症とはどんな病気なの?
成人T細胞白血病とはどんな病気なの?
フォアダイスとはどんな病気なの?
血精液症とはどんな病気なの?
伝染性単核球症(キス病)とはどんな病気なの?
非クラミジア性非淋菌性尿道炎とはどんな病気なの?